ブログ

マッチョが健康そうで、健康じゃない理由

どうも!肥後橋・京町堀のパーソナルトレーニングジムLAULE’Aです!

皆さんはマッチョは健康そうに見えますか?

もしそう思っているなら、あなたは少し勘違いしているかもしれません。

そうあなたが思う様にマッチョは健康的ではないのです。

今回はまぜマッチョが健康的ではないのかを簡単に書いていこうと思います!

タンパク質を摂りすぎ

タンパク質は今時、マッチョだけではなく健康志向な方が積極的に摂る印象が根付いています。

確かにタンパク質はとても重要です。

ですが摂りすぎると、肝臓や腎臓に負担がかかり身体を壊しやすくなります。

ではどれくらいが推奨されている量なのか?大体ですが体重×1~1.5gです。

ではマッチョ達はどれくらい摂っていると思いますか?

恐らくですが3~5gは摂っています。

そんな量を摂るとどうなるか?確かに筋肉の為にはなりますが

内臓への高負荷で免疫の低下、体臭がキツくなるなど悪い影響があります。

マッチョは内臓に負担をかけすぎてるので、風邪を引きやすいです。

風邪をひきやすい人が、果たして健康と言えるのでしょうか?

そう言う意味でマッチョは身体こそたくましいですが、内面的には弱い傾向にあります。

身体の動きが悪い

マッチョは身体の動きが悪い人が多いです。

それは必要以上に筋肉が大きくなりすぎているからです!

関節には可動域といって、動きける角度が決まっています。

ただ筋肉が大きくなりすぎると、その可動域が制限される事があります。

可動域が狭くなると、今まで動けていた角度まで動けなくなります。

そしてただ大きくて動けないならまだしも、筋肉が固くなって動きが制限される場合もあります。

そんな状態でトレーニングを繰り返していると、関節が耐えきれずに怪我をする可能性が上がります。

怪我をしやすい身体が健康とは言えるでしょうか?

マッチョの身体は健康とは程遠いかもしれません。。。

トレーニングで身体を酷使しすぎる

マッチョは基本的に身体を酷使しすぎる傾向にあります。

それはトレーニングの頻度が高すぎるのと高負荷すぎるからです。

厚生労働省は週に3回の高負荷の運動を推奨されていますが、マッチョは週7から6はトレーニングしている場合があります。

そしてトレーニングだけならまだしも、ドーピングの手を出し始めたら終わりです。

筋肉をつける為にステロイドと言う薬やインスリン注射を打つ人が世の中にはいます。

そんな物を使って筋肉を増やし始めたら健康とかけ離れます。

ですが世の中の筋トレYouTuberは正直言って、薬中の集まりです笑

そんな人がフィットネスを語る物だから、違う意味で健康の情報が広がってしまっているのが現状です。

もしあなたがマッチョになる事よりも、健康を優先するのではあれば

程よくトレーニングをしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マッチョは確かに健康には気を使っている人が多いですが

健康に気を使っている気になっている人がほとんどですので

健康的でありたい人は、あまりマッチョの真似はしない方が良いかもしれません。

ですが中にはしっかり知識を持っていて、その人それぞれのニーズに合わせて

トレーニングや食事内容を教えてくれる人がいるのも現実です。

なのでそう言う人たちを見極める為に、少し勉強をしておく事が大切かもしれませんね!

このブログはそんな人たちを増やす為のブログなのでまた読みにきてください!

肥後橋・京町堀のパーソナルトレーニングジムLAULE’A

大阪府大阪市西区京町堀1−10−12 ラグジュリア京町堀5階

肥後橋駅から徒歩3分、本町駅から徒歩8分

肥後橋・京町堀のパーソナルトレーニングジムLAULE’Aのインスタグラム

|

店舗

肥後橋・中之島の
パーソナルジムLAULE'A
「肥後橋駅」から徒歩3分「本町駅」から徒歩8分

〒550-0003
大阪市西区京町堀1丁目10-12ラグジュリア京町堀5F

TEL:080-5163-6800